結婚の思い出の指輪を、旦那がなくしてしまった時の出来事です。本当に焦りました。大変でした。

結婚してから身につける大切な指輪について
結婚してから身につける大切な指輪について

結婚の思い出の指輪を探す

私は20年前に結婚をしました。
大学生の時から付き合っていた今の旦那とハワイで結婚式を挙げて、幸せに暮らしてきて今では3人の子供がいてそれぞれ成人していています。
結婚まで行く時のことはよく覚えています。
旦那と食事をしていて、その帰りに海の近くでプロポーズをされました。
最初はびっくりして1分くらい言葉が出なかったのですが、オッケーを出しました。
とても嬉しくて嬉しくて泣いてしまったのを覚えています。
その旦那がこの間、指輪を無くしたといい始めました。
二人で住むには広すぎるほどの家のどこかに、私たちの結婚の思い出の詰まった指輪が落ちているという状況で必死に探しました。
モノが落ちていそうなところは全て探しました。
洗濯機の中や冷蔵庫の後ろ、お風呂のすきまやタンスの奥など思い当たるところを手当たり次第探していきました。

そんなこんながあって1週間、ようやく指輪を見つけることができました。
落ちていた場所は結局寝室のベッドの下で、パッと見ただけではわからないようなところだったのですぐには見つからなかったのでしょう。指輪を見つけた瞬間とても安心しました。
それまで張り詰めていた思いが一気に開放されました。
結婚の思い出が指輪という形で残っていたのにそれがなくなってしますことは悲しいことだったのですから。旦那にも見つかったことを報告すると、とてもホッとしていました。
これからはもっと大切に扱って欲しいと思いました。

サイトリンク