結婚が決まったもののまだ指輪すら買っていなかった私は妹と一緒に宝石商へと向かい結婚に備えて指輪を選んだ。

結婚してから身につける大切な指輪について
結婚してから身につける大切な指輪について

結婚までに何とか指輪を買いに行こう

彼女と私の出会いはもう八年も前に遡ります。
当時私はただのサラリーマンをしながら音楽活動をするという二束のわらじのような生活をしていました。
そんな私の日課は毎日ブログを更新することでした。
最初はコメントすらつかなかったのですが、毎日更新しているとだんだんとアクセスも伸びてきてコメントも増えてきました。
彼女との出会いはまさにそこでした。
彼女は元々私のブログの読者さんだったのです。

あの出会いからはや八年。まさか結婚ということになろうとは。子供が出来たとかそういうことはなかったのですがお互い自然に結婚という形になりました。
今までろくに贈り物らしい贈り物をしてこなかった私は今回だけは奮発しようと少し寝の張る指輪を買おうと思い立ちました。

ですが今まで当然の如く指輪など買ったことのない私はどのような指輪を買えばいいのか皆目見当もつきませんでした。
ましてや結婚となると今回が初めてなのでなおさらです。

私は今人妻となっている妹に連絡をとりました。
事情を話すと妹は喜んで一緒に選んであげると言ってくれました。
そして今日今まさに都内のとある宝石商へと来ているわけである。妹と一緒にガラスウインドウの中の宝石たちを眺める。他人が見たら間違いなく私達は恋人同士か夫婦に見えたことだと思います。
店員さんと妹と相談した結果一番無難でなおかつ彼女が一番すきそうなデザインを選びました。
長年の付き合いで大体の好みは分かるもののやはり結婚の指輪となると緊張するものです。