結婚された個性的なカップルにおすすめの指輪、ハワイアンジュエリー。さりげないおしゃれが魅力です。

結婚してから身につける大切な指輪について
結婚してから身につける大切な指輪について

結婚の証はハワイアンジュエリーの指輪はいかが?

結婚をしている人なら誰もがつけている愛の証と言えば、指輪。薬指にきらりと光るその輝きは幸せのオーラが出ていますよね。指輪を購入するときにどのようなものにしようか、悩みますよね。もし、他の人とは一味違う個性的な指輪を探してるのであれば、ハワイアンジュエリーに着目してみてはいかがでしょう。結婚は永遠の愛を誓うもので、その意味を持った宝石が、ダイヤモンド。そのためダイアモンドを選ぶ人が多いのですが、ハワイアンジュエリーにもきちんと意味があるのです。

ハワイアンジュエリーをファッションリングと認識している人もいますが、ハワイアンジュエリーは、ただハワイで作られているジュエリーというわけではないのです。

愛を誓うジュエリーとして選ばれている歴史的な理由があります。
それはさかのぼること1861年の事。ハワイの女王であった、リルオカウラニという人物が、自作曲のタイトルでもある「アロハオエ」という愛の歌の歌詞を施したブレスレットを、親愛なる男性へ贈ったそうです。

それがきっかけとなり、一般市民の間でも、ジュエリーの裏に自分の名前を彫ったものや、気持ちを込めたものなどを送る文化が定着していったということ。地元の人たちは愛情表現としてこのハワイアンジュエリーを贈るのが今でも慣わしとなっているのだとか。指輪に彫刻されている花にもひとつひとつ意味があるので、相手を想いながらどの花の模様を選ぶかも楽しみのひとつですよね。

サイトリンク